確実性のある支払い|マンション管理会社を変更するまでの流れ|不動産投資で稼ぐ

マンション管理会社を変更するまでの流れ|不動産投資で稼ぐ

積み木と人形

確実性のある支払い

婦人

マンション投資を行なっている人々の中には、借主による家賃滞納といった問題を抱えている人が少なからずいるかと思います。家賃が滞納されてしまうと、マンションの貸主は利益を得ることができません。多くの場合、そういった問題に直面した貸主は契約時に取り決めた連帯保証人に滞納分の家賃を請求するものかと思います。しかし、連帯保証人への請求というのは、更なるトラブルを発生させる危険性が高いものです。何より、支払いに対する確実性にも欠けます。もし、家賃の滞納時における請求を確実性のあるものにしたいのであれば、家賃債務保証会社の利用をお勧めします。

家賃債務保証会社というのは、貸主と借主の両方にとってメリットのあるサービスを提供している会社です。この会社は家賃債務保証と呼ばれるサービスを提供しており、このサービスは親族ではなく第三者という立場で借主の連帯保証人となってくれるサービスです。連帯保証人になってほしいという依頼が親族に断られやすくなった現代において、このサービスは借主には助かるサービスでしょう。また、貸主にとっても家賃滞納といった問題が発生した時、家賃債務保証会社であれば確実に支払ってもらうことが可能です。ただ、借主はここで注意すべき点があります。家賃債務保証会社はあくまでも滞納分の家賃を立て替えてくれるだけですので、その分は必ず返済しなければなりません。つまり、計画的な資金繰りが大切になるのです。