マンション管理会社を変更するまでの流れ|不動産投資で稼ぐ

レディ

確実性のある支払い

婦人

マンション投資を行なう際には、借主による家賃の支払いは確実性のあるものでなければなりません。しかし、家賃滞納といったトラブルはいつ発生するか分からないものです。そういったトラブルを避けたいのであれば、家賃債務保証会社の利用をお勧めします。

もっと読む

低リスクの投資商品

握手

みんなで大家さんは、低リスクで安定した収益を期待できるとして注目を集めている不動産投資商品です。利回りが6%と比較的に高く、元金の損失も一定の範囲であれば保全されるといったメリットがあります。

もっと読む

空き室リスクを回避する

女性

マンション投資における空き室リスクを確実に回避したいと考えているのであれば、サブリース会社による一括借り上げの利用をお勧めします。収益は割安になってしまいますが、マンションの管理・維持等も全て任せて安定した収益を確実に得ることができます。

もっと読む

必要な手順

男の人

もし、マンション投資を行なっている人の中で、そのマンションの管理を任せている管理会社を変更したいと考えている人がいるのであれば、変更までの手順について知っておくことをお勧めします。マンション管理会社を変更する際には、最初に管理会社を変更する理由を明確にしておくことが大切です。例えば、マンション管理会社を変更することによって管理委託費等の費用負担を軽減することができたり、資産管理の維持向上であったりとマンションのオーナーによってその目的は多岐に渡ります。マンション管理会社を変更することで得られるメリットについてよく考えることで、その理由を明確にすることができるでしょう。

マンション管理会社を変更する理由を明確にすることができれば、次の管理会社を選ぶ際の条件が決まります。ただ、理由を明確にしたからといってすぐに次の管理会社を探しに行ける訳じゃありません。まずは、理事会で問題点を整理する必要があります。理事会では現時点で管理を委託しているマンション管理会社に対する問題点について話し合いを行ない、本当に変更するのかどうか決定するのです。もし、理事会にて変更が決定したのであれば、条件に合う幾つかの管理会社に見積もりを依頼しましょう。各会社の管理仕様書やプレゼン内容を通して候補を1社に絞り、次に管理会社変更に向けた総会を開く計画を立てていきます。総会を開催する時には、議案書を作成しておくことが大切です。総会で参加者全の納得を得て議決されたら、管理会社の引き継ぎを行なって終了になります。